記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スイングの基本 「手や腕」と「体」2つのモーションを理解する (1/2ページ)

 スイングには手や腕を主体に使うタイプと、身体の動きを主体にするタイプの2つがあります。両方使い分けられると多様性が広がるのですが、「2つも覚えなければならないの?」と考えるならば、手と肘でクラブフェースの開閉を行う動作でのスイング(『Aモーション』とします)をまずは覚えましょう。

 そして、「飛距離が欲しい!」「再現性を高めてプレッシャーに強くなりたい!」というときに、身体の回転でクラブフェースの開閉を行うスイング(『Bモーション』とします)を覚えましょう。確認ですが、絶対に間違えてはいけないのは、2つを合わせないことです。

 物理的に考えた場合、クラブフェースの開閉の動きは、少ない方がスクエアに当たる確率は高まります。しかしクラブフェースを開閉させずに、クラブヘッドを加速させることは不可能でしょう。

 飛距離と方向、その合致点を導き出していくのがゴルフスイングですが、基本として覚えておいてほしいのは、バックスイングの腰の高さで、目標に対して90度フェースを開くことです。

 Aモーションのテークバックでは、アドレスからまず手首を使ってフェースを90度開いた状態を作るのがポイントです(写真〔1〕)。そこから地面と垂直に右肩の横くらいまで手を上げていきます。

関連ニュース