記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スイングの基本 「静止状態になる3箇所」をきれいに形成することが重要 (2/2ページ)

 次にトップオブスイングですが、腰が45度、肩が90度回転し、両肘は胸の正面に維持し、左足のスネと左腕が一直線になる形を作りましょう。オーバースイングにならないように素振りでは少し小さめのスイングで練習してください。このとき右股関節、右内転筋でしっかりと体重を受け止めることです。

 最後にフィニッシュですが、腰は90度、肩は、100度以上回転させ、左膝を真っすぐ伸ばして前傾を解き、しっかりと背筋で身体を引き上げた形を作りましょう。

 普段の生活にはないゴルフ特有の動きばかりですから、違和感なく無意識にできるようになるまで形を作り上げてください。その後ボールを打てば、スイングとボールに当てる動きがかみ合ってきます。基礎は大切ですので、入念に行いましょう。(モデル・野田すみれプロ)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース