記事詳細

【編集局から】ヤクルト・宮本慎也ヘッドコーチ辞任! ノムさんの“ボヤキ”止まらず…

 2年ぶりの最下位が決定したヤクルトは、宮本慎也ヘッドコーチ(48)が辞任することになりました。これには元監督の野村克也さん(84)も「てっきり宮本が次の監督だと思っていたけど。俺と同じで、よっぽど処世術、世渡りが下手なんだな。言っていることは全部正しいのに。フロントのウケが悪いんだろう」とガッカリしていました。

 後任候補としては、ノムさんの日本一3度すべてで胴上げ投手になっている高津臣吾2軍監督(50)が最有力。ところがノムさんは「俺はヤクルトで日本一3回、リーグ優勝4回もしているのに、候補にも挙がってないとはどういうことだ!!」とぼやきが止まりません。

 16日に東京ドームで巨人-阪神戦の評論を行っていると、教え子の広澤克実さん(57)が「監督、いつまでも長生きしてください」とあいさつ。ところがノムさんは「まだ若いのに! 失礼な!!」と、まさかの反応。もちろん内心はうれしかったようで、満面の笑みでしたが、野村節はまだまだ切れ味抜群。7月のレジェンドマッチでは、21年ぶりに水色のユニホームに袖を通し健在ぶりをアピールしただけに、ヤクルトのフロントはもう一度検討してみてはいかがでしょうか?(運動部・塚沢健太郎)