記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スイングの基本「ビジネスゾーン」 アドレスの状態で腕をリラックスして (2/2ページ)

 細かく説明すると難しく聞こえますが、実際に行う場合は、アドレスの状態で腕をリラックスして行ってください。テークバックでは右の股関節に体重を乗せ、切り返しでは、瞬間的に左膝を外側に引っ張り、クラブヘッドとケンカした(離れた)状態を作り出し、そこから両膝を一気に内股に寄せるようにして、股関節と太腿の裏側(ハムストリング)の力でクラブヘッドを走らせるのです。

 ヘッドを内側から出して、地面スレスレを滑らせるようにボールに当てます。フェースをターンさせながら、飛球線上にクラブヘッドを走らせることで、フェースにボールを乗せて運ぶことができ、ミート率が高まると共に狙った場所へボールを飛ばしやすくするのです。とても大切ですので、繰り返し練習してください。(モデル・野田すみれプロ)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース