記事詳細

FW姫野「強敵だが自信ある」 28日アイルランド戦に気合 ラグビーW杯

 ラグビーW杯日本代表は1次リーグ最大の強敵、アイルランドとの第2戦(28日、静岡県袋井市)に備えて浜松市でキャンプ中。25日はスクラムやセットプレーが公開される予定だったが、ウエートトレーニングの公開に変更された。

 アイルランドは堂々の優勝候補。第1戦のロシア戦で活躍したフォワードの姫野和樹(25)は「フィジカル勝負。開幕戦は自信になった。前に出たい。強敵だがチャンスはあるし自信もある。実力を100%出したい」。

 開幕戦の序盤に相次いだミスがまた顔を出すようだと番狂わせを起こすことは難しくなる。フッカーの堀江翔太(33)は「流れが悪いときこそ、自分たちの仕事をやりきりたい。この4年間やってきたことが出せれば勝てる」。

 日本代表のトニー・ブラウンコーチは、「アイルランドはボールの保持だけでなく守備も非常に強い。キックにも対応しないといけない。日本もキックしたボールを追いかけることが大事」。今大会は強豪チームがハイパント多用していることから「今大会はキックの処理をうまくしたチームが優勝する」と分析している。

関連ニュース