記事詳細

日本男子、東京五輪に光明! 内村ら不在も団体総合で銅 体操・世界選手権

 体操の世界選手権第6日は9日、ドイツのシュツットガルトで男子団体総合決勝が行われ、谷川翔(順大)谷川航、萱和磨(ともにセントラルスポーツ)、神本雄也(コナミスポーツ)、橋本大輝(千葉・市船橋高)の日本は6種目合計258・159点をマークし、2年連続で銅メダルを獲得した。9大会連続で表彰台に立ったが、2015年大会以来の世界一には届かなかった。

 予選1位のロシアが合計261・726点で旧ソ連時代の1991年大会以来28年ぶり9度目の優勝。2連覇を狙った中国が0・997点差で2位。予選の得点は持ち越さず、各チーム5人で種目ごとに演技した3人の得点合計で争われた。来年の東京五輪の団体総合は1人減の各チーム4人で実施する。

 内村航平(リンガーハット)らが不在の日本がどこまでできるかが試された大会。日本は昨年の優勝得点を1・525点上回った。全6種目を演技した萱は悔しさをにじませながらも「航平さんがいなくてもこれくらいできるぞと世界にアピールできた。(2強との差は)ちょっと縮まった」と言った。

 予選3位でともに初代表の谷川翔があん馬、神本がつり輪で好演技を見せ、前半3種目を終えて首位。後半に入ってEスコア(実施点)の取りこぼしが出て、最後の床運動の着地で初代表の橋本が尻もちをついた。18歳の橋本は「台無しにした」と涙を流したが、跳馬ではチームで全種目最高点を出し、予選に続いて新戦力としての存在感は示した。

 2016年リオ五輪金メダルメンバーが全員代表落ちした若いチーム。2年連続で銅メダルに終わり、東京五輪で目指す2連覇は容易ではないが、光は見えた大会だった。

関連ニュース