記事詳細

「美馬争奪戦」に巨人・原監督が出馬! 小笠原、丸級の大物扱いで交渉大詰めか

 巨人は13日、楽天から国内FA宣言した美馬学投手(33)と都内で4度目の交渉を行い、原辰徳監督(61)が初めて出馬した。

 宮崎秋季キャンプから帰京していた原監督は、12日中に戻る予定を変更してラブコール。大塚淳弘球団副代表(60)は「監督が誠意を見せたいと。監督はチーム状況をいろいろと説明した」と明かした。

 大塚副代表によれば、原監督と対面した美馬は「オーラを感じた。全然イメージと違った」と感想を語ったという。条件提示は3年総額5億円程度とみられるが、大塚副代表は「上積みはまったくない。生活環境を一番重視していた」と熱意を前面に押し出す構えだ。

 毎年のようにFA市場に参戦する巨人だが、原監督が交渉の場に出向いたのは、2006年の小笠原道大(46)と昨年の丸佳浩(30)くらい。2人とも、その年のリーグMVPを授賞した大物で、ともに獲得にこぎつけている。

 美馬はロッテ、ヤクルトとの争奪戦。若大将の出馬で不利な状況をひっくり返したかったのか。それとも最後の詰めに出向いたのか。いずれにしろ、交渉は最終局面に差し掛かっているようだ。

関連ニュース