記事詳細

執行猶予中の清原和博氏に意外な援軍! 「夏の甲子園ムリ」発言の萩生田文科相が“お墨付き” (1/2ページ)

 まさかの合体だ。覚醒剤取締法違反で有罪判決を受け執行猶予中の、かつての「甲子園の申し子」清原和博氏(52)に、「夏の甲子園は無理」発言の萩生田光一文部科学相(56)が援軍を買って出た。

 清原氏は1日、東京都八王子市内の球場で行われた野球教室に参加。萩生田氏は地元選出の国会議員として挨拶したが、清原氏とは旧知の仲だという。出会いは、清原氏が昨夏に上梓した著書の執筆中。「苦しんでいる時代を知っている。再起してほしい」とうなずいた。

 ただ、PL学園高時代に甲子園をわかせたスーパースターとの取り合わせは奇妙にも映る。萩生田氏といえば先月27日、衆院文部科学委員会で「甲子園での夏の大会は無理だと思う」と爆弾答弁をしたばかりだ。

 くだんの発言について改めて真意を問われた萩生田氏は、「国際オリンピック委員会のアスリートファーストの観点からすれば無理だという感想を述べたまで」と主張。「運営、会場のあり方を高野連や(本拠球場とする)阪神球団と相談すれば、もう少し緩やかな日程を組めると思う」と持論を展開した。

関連ニュース