記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】アプローチでの「ダフリトップ」を直したい! クリーンに当てようと思うな!「バンス角」をうまく使え

 冬になると芝が枯れてグリーン周りはライの悪い状況が多くなるわけですが、そんな時にはどうしていますか?

 ほとんどの人が、まず考えるのは「ダフり、トップにならないように」ということなのでは。しかし、何とかクリーンにうまく当てようとしてフェースをかぶせて打つと、かえってリーディングエッジが刺さってダフったり、薄く当たってトップになったりというのはよくあることです。

 このミスを防ぐためにはどうすればいいか?

 基本は番手なりのロフトでスクエアに構え、打つ気持ちとしてはフェース面の何本目のスコアラインに当てるかということを意識すると良いでしょう。

 スクエアに構えればクラブには必ずバンス角があるので、自然に打っただけでリーディングエッジよりも先にソールが地面に接触するためにダフリやトップが出にくくなります。

 つまり、クリーンに直接リーディングエッジをボールに当てようとするのではなく、ボールの手前の地面にソール部分を当てることを意識すれば自然にフェースがボールを拾ってくれるというわけなのです。

 練習の時にソール部分にフェースマーカーシールを貼って、ゴムマットで打ってみるとソールの接触部分に跡がつくので、バンス角の大きさや構えた時の角度、ボールの位置によって、どのあたりのソールが地面と接触するかが理解できるようになります。

 そうすればライに応じて自在に当てたいソールの場所がわかるようになるため、ラウンドで打ちにくいライに遭遇したとしてもダフりやトップの不安にかられることなく落ち着いてスイングできるようになるはずです。

関連ニュース