記事詳細

【最先端アマチュアスイング】「フェースを返さないで飛ばすスイング」 インパクトの形は腰のあたりで意識する (1/2ページ)

 ダウンスイングからインパクトにかけて最も意識したいのは、手元が腰のあたりに来たときに、インパクトの形を作ることです。

 具体的には、ダウンスイングではできるだけ早い段階で右腕を伸ばすことが大事なのですが、右腕を伸ばすと手元は腰のあたりに来ます。このときフェースの角度が上体の前傾と同じ角度になっていて、なおかつフェース面が地面の方向を向いていれば正解です(写真〔1〕)。

 そして、この時点で正しい形ができれば、あとは手やクラブの動きは考えずフォロースルー、フィニッシュに向かって体を回すだけでいいのです。

 一方、多くのアマチュアゴルファーは、ヘッドがボールに当たる瞬間を強く意識するようですが、その意識はかえってマイナスになります。

 なぜなら、インパクトを意識すると、手や体が止まる動きを誘発するからです。実際のスイングではそこで止まることはなくても、インパクトを気にすることで微妙に減速することがあります。そしてこのことが、ヘッドスピードを大きく鈍らせます。

 逆に、体の回転にブレーキをかけないほうが、インパクトが安定するし、エネルギーの伝達力も大きくなって飛距離が伸びます。

関連ニュース