記事詳細

「ラグビートップリーグ」日テレが地上波中継決定! “ワンチーム”離れ所属チームで戦い合う…「リーチVS姫野」ファン興奮再び (1/2ページ)

 来年1月12日に開幕するラグビートップリーグが地上波テレビで中継されることが26日、わかった。

 日本テレビ系列が準備を進めており、W杯日本大会で盛り上がった空前のラグビー熱を持続しさらに高めていこうというもの。売り上げ倍増、60万人動員を目指すトップリーグには強力な援軍となり、また“にわかファン”にとってはお茶の間でラグビーの楽しさを味わえ、W杯戦士たちの活躍を再び視聴できることになる。

 突進するリーチ・マイケル(東芝)に姫野和樹(トヨタ自動車)がタックルする-。先のW杯でベスト8入りする活躍を見せた日本代表選手たちが“ワンチーム”を離れ今度はトップリーグの所属チームに戻って戦い合う。

 選手たちはみんな「盛り上がった熱をさらに高めるようトップリーグを充実させ、いい試合を見せたい」(サントリー・流大主将)と決意して臨んでいる。

 すでに1月12日の開幕戦、東芝対サントリー(秩父宮)のチケットは完売。常に優勝争いしている、こうした強豪同士の好カードだけでなく、田中史朗、田村優ら日本代表のハーフ団が移籍したキヤノンのホームゲーム、2月2日の町田GIONスタジアムでの対パナソニック戦もチケットは売り切れた。

 ラグビー熱は確実に各試合の観客増につながる気配だ。しかし、コアなファンはスタジアムに足を運ぶか、有料放送に加入してJスポーツの中継で楽しむことができるものの“にわかファン”には地上波テレビで見るしかない。

 これまでは高校、大学の試合はテレビ中継されたが、最高峰のトップリーグがお茶の間に流されることは皆無。生中継はもちろんNHKのスポーツニュースで試合結果すら放映されなかった。

関連ニュース