記事詳細

巨人・岡本「小吉」で昨季31発 「大吉」の今年は果たして?

 巨人・岡本和真内野手(23)が11日、神奈川県川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを公開。年末年始に地元・奈良で引いたおみくじになぞらえて、“大吉級”の活躍を誓った。

 1年を息災に過ごせた大晦日のお礼参りと初詣で、年をまたぎ2日連続のおみくじに挑戦。

 「初詣で引いたら大吉やったんすよ。幸先いい。で、(12月)31日にも引いてたんですけど、小吉でした。去年の1年間を表してましたね。これで大吉が出てたら信用してないですけど」

 昨季は打率こそ・265と前年の・309から落としたが、31本塁打、94打点はそれぞれリーグ6位と同4位。「小吉」でこれなら、「大吉」の今季はどこまで打てるのか。

 「1年間、同じ打順でやっていけるように」と不動の4番を誓い、「球団からも3年やって一人前と言われている。打率、本塁打、打点でキャリアハイを目指したい」と力強く語った。しかも年男とあって「もしかしたら、ヤバいっすね」とニヤリ。自己最高の1年に自信をにじませた。(片岡将)

関連ニュース