記事詳細

大学ラグビー、早大復権! ここ一番で集中力…下馬評を覆して11季ぶり優勝 (1/2ページ)

 ラグビーの大学日本一を決める第56回全国選手権決勝が11日、新装の国立競技場で行われ、注目の早明対決は下馬評を覆して早稲田大が11季ぶりに優勝。ここ一番で集中力を発揮して強さを見せる伝統が復活した。

 最多15回の優勝を誇ってきた早大もこのところ精彩を欠き、日本一から10年間遠ざかっていた。昨年12月の対抗戦も明大に7-36で完敗。23季ぶりに決勝で実現した伝統の一戦も前評判は「明大有利」が優勢だったが、5万7345人の大観衆の前で、見違えるような鮮やかな戦いを見せた。

 立ち上がりから攻守に鋭い出足を見せ、前半からトライを量産。特に32分にラインアウトからモールで押し込んだトライは、明大FWの戦意をくじくものだった。終了間際にも、監督の息子の相良(1年)がトライ。なんと31-0と大きくリードした。後半に入って、明大が5トライと猛追したが、早大も2トライを加え45-35で逃げ切った。

 両チームとも速いパス回しでバックスを走らせたが、明大は横流れが目立ち早大のタックルに再三止められた。逆に早大は、SO岸岡(4年)がニュージーランドの名SOダン・カーター(神戸製鋼)ばりに前を向いたパスを繰り出すことで、ライン全体に縦のスピードがつき威力が増した。

 40日前の大敗の借りを返し、相良監督は「守りのチームだったが、センターの中野も復帰し、この選手権から攻め続ける方針で臨んだ。選手たちが本当によくやってくれた」とたたえた。