記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】傾斜の打ち方、考え方編 肘や体幹を固定し、グリーン狙わず平坦な場所へ (1/2ページ)

 平坦(へいたん)な場所では全身をフルに使って、精いっぱいの飛距離を求めて打っても構いませんが、傾斜地では、そういうわけにはいきません。

 ボールの芯を捉えようとしたとき、ボールの下半球にリーディングエッジを正確に当てなければ、ナイスショットは生まれません。しかし多くのアマチュアは、左右の足、つま先、カカトにボール半個の差を傾斜としてみなさないままボールを打ちに行き、「なぜ当たらなかったのか?」と不思議そうなリアクションを取ります。

 手から1メートル以上先にあるクラブヘッドで、僅か2センチの場所へ正確にヘッドをコンタクトしなければならないのにも関わらず、傾斜を軽視しているようです。また自分の脚力や体幹の強さを信じすぎているようにも思います。

 傾斜地でスイングした場合には、当然ながら傾斜の低い方へ重心が流れることを理解しておきましょう。平坦地のように軸がキープできなくなるのです。つまり僅かな傾斜でも脚や体幹をドッシリと固めて、体も回転しようと大振りを考えてはいけません。グリーンを狙うことも考えず、まずは肘から先のみで次のショットを平坦な場所へ脱出することを第一に考えましょう。

関連ニュース