記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】アップヒルの打ち方、練習の仕方、狙い方 2つの手法で柔軟に対応しよう (1/2ページ)

 今週はアップヒルについてお話しします。ミスの傾向やスイング方法など細かく分けて解説していますので、しっかり頭にいれてコースでも柔軟に対応できるようにしておきましょう。

 【ミスの傾向】 右へ飛び出すミス。腰の回転が止まっての引っかけ。ダフリ。ボールが上がらない。ヘッドが刺さって抜けが悪い。

(1)柔らかく飛ばす手法

 【アドレス】

 グリップは、2~3ミリウイークグリップに持ち、ボール位置は、通常よりボール1個分右足寄りにセットします。腰の回転がスムーズに行えるようにスタンスはオープンで、膝から上は目標に向かってスクエアに構えましょう。

 【軌道】

 インサイドアウトでアッパー軌道。フェースは返らないように高く振り抜いていきましょう。ボールは、やや高く飛んでくれるので、(2)の打ち方よりは止まりやすくなりますが、打ち上げは基本的に止まりづらいので、通常よりも多くランを計算しましょう。

 【ラフ】

 ボールが浮いている場合のみに使用する打ち方です。また番手や芝の種類、向きにより、フライヤーやドロップする場合も有ります。浮いていれば、より高くアッパーに振り抜き、フライヤーを高さに変えて止めることも可能です。