記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】ダウンヒルの打ち方、練習の仕方、狙い方 飛ばすことよりボールに当てることを優先 (2/2ページ)

 【弾道と結果】

 ボールは斜面に沿ってライナーで飛びますので、ランで距離を稼ぐように打ちましょう。

 【ラフ】

 ボールが沈んでいる場合は、距離を欲張らず、短い番手で打ちます。浮いている場合は力まずに地面と平行に振り抜いていきましょう。ヘッドスピードによりますが、沈んでいる状況では、ドロップになりやすく、キャリーが極端に減る場合がありますので注意してください。

 【考え方】

 使用クラブやボールの種類、打ち上げ、打ち下ろしによっても異なりますが、基本的にボールに当てることを優先するライになります。きれいに飛ばすというよりも転がしてランで距離を稼ぐこと。バンカーや池などの障害物を越えようと考えずに、花道方向やグリーン手前で次打を打ちやすいポジションへ運ぶという気持ちを忘れないようにしましょう。(モデル・野田すみれプロ)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース