記事詳細

面白コメント連発の高藤とド緊張の渡名喜、対照的な2人が狙う日本勢「金メダル1号」

 柔道の東京五輪代表に内定している男子60キロ級の高藤直寿(26)、女子48キロ級の渡名喜風南(24)が4日、所属するパーク24(東京・品川)で記者会見した。

 会場に現れた高藤は大勢のマスコミを見てニヤリ。「内定が出るまで金メダルのことだけを考えてやってきた。必ず金を取りたい」と意気込みつつ、最初の質問から「何でしたっけ?」とおどけた。バラエティー番組で面白コメントを連発するなどテレビ向きのキャラだけに、メダル特需でテレビ各局に引っ張りだこになりそうだ。

 渡名喜は対照的に終始、緊張の面持ち。「東京五輪に向けて1試合1試合、確実に勝ち上がって優勝目指して頑張りたい」と言葉少なだった。

 ともに大会初日に登場。日本勢金メダル第1号を狙う。

関連ニュース