記事詳細

競泳代表選考会も無観客に 五輪会場で初の有料イベントの予定が…

 日本水泳連盟は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権を無観客で行うと発表した。4月1-8日だった開催期間は2-7日に短縮する。

 個人種目は今大会決勝で、日本水連が定める派遣標準記録を突破して2位以内に入れば、代表に決まる。ただし、男子個人メドレー2種目は、瀬戸大也(ANA)が2019年世界選手権を制して既に代表に決まっているため、残り1枠。

 会場の東京アクアティクスセンター(東京都江東区)は東京五輪のために新設。約1万5000人収容で、今大会が初めての有料イベントとなる予定だった。販売済みのチケットは払い戻す。

関連ニュース