記事詳細

五輪春開催なら“東京でマラソン”現実味 世界陸連会長「議論すべき課題」

 新型コロナウイルスの影響が、東京五輪に新たな展開をもたらそうとしている。世界陸連のセバスチャン・コー会長が27日、複数メディアとのテレビ電話インタビューに応じ、五輪が当初日程より涼しい時期に開催された場合、マラソンを東京で実施する可能性に「議論すべき課題だと思う」との見解を示した。

 春開催の可能性については明言を避けたものの、来年の東京五輪開催のため、21年の世界選手権(米オレゴン州)を22年にずらすことについては、「可能だ」と柔軟に対応する考えを明らかにした。

 東京五輪の延期決定について「正しく、痛みを伴う決断だった」と評価。2012年ロンドン五輪の大会組織委員会会長を務めた経験を踏まえ、「東京の組織委員会や国際社会が直面しているいくつかの課題について誰よりも良く分かっている」と心を寄せた。

 一方、東京都の小池百合子知事も27日、2021年春など暑くない季節であれば、マラソン・競歩の東京開催を改めて希望する考えを示した。

 小池知事は「新型コロナウイルスのために延期された。そこを解決したうえで判断するべき。都民は(東京での開催を)望んでいる」と述べ、マラソン・競歩の東京開催に期待を寄せた。

 大会組織委員会の森喜朗会長は「変えてはいけない」と札幌開催を主張している。

関連ニュース