記事詳細

阪神・藤浪ら“疑惑のパーティー”クラスター化 球界“ロックダウン”危機! 一部では「阪神戦ボイコット論」も (1/2ページ)

 軽い気持ちで参加した食事会が、球界に広げる波紋はあまりに大きい。阪神・藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)が新型コロナウイルス陽性と診断された問題。3人を含む阪神の7選手が参加したパーティーから、同席女性に3人目の感染者が出て集団感染の疑いが強まっている。それでも12球団が定めたガイドラインに従い、阪神は残る4選手の名前を伏せたまま。接触の可能性があった他球団はパニック状態で、もはや球界全体がロックダウンの瀬戸際だ。

 中日は29日、伊藤隼が20-22日にナゴヤ球場で2軍戦に出場していたことを受け、「28日に監督、コーチ以下全選手とスタッフの調査を実施。グラウンドで会話や身体的な接触があった15人のうち、2人を自宅待機、12人を時間をずらしての練習および仕事とする」と発表。現時点で体調不良者は見られないが、この措置に伴い4月3-5日の2軍の広島戦(ナゴヤ)は中止となった。

 “疑惑のパーティー”が催された14日以降、阪神2軍は中日のほかオリックス、ソフトバンクと対戦。オリックスがすでに全選手に聞き取り調査を行うなど、各球団とも対応を迫られている。

 12球団一丸で開幕を目指す厳戒下、球界に限らず全国民に自粛が求められる大人数の会合に出掛けた7選手の自覚のなさ。さらに阪神の対応のお粗末さが、他球団の不信感を増幅させている。

関連ニュース