記事詳細

J1神戸、大学やJクラブと「非公表試合」していた… サッカー界の“感染拡大”危機 (1/2ページ)

 J1神戸の“コロナショック”の影響は他のJクラブに広がるのは避けられない情勢となった。

 3月30日に、元日本代表DF酒井高徳(29)の新型コロナウイルスへの感染が判明。「このようなことになり、大変情けなく思っております」というコメントを発信した酒井も、これまでの症例でいけば2週間近い治療が必要となる。

 Jリーグでは1日に、全クラブの社長が出席する臨時実行委員会(ウェブ会議)が開催。あるJクラブ関係者は「今後も感染者が出てくる可能性もある」とし、リーグ側が予定している5月9日のJ1再開については「日々状況がかわるけれども、現時点では厳しいですよね」と続けた。

 神戸はノエビアスタジアムの練習場を閉鎖し、クラブ事務所の業務を休止。ほとんどのスタッフは在宅勤務となった。しかし、休止期間はあえて4月5日までにしている。なぜならチーム練習の再開を7日に予定しているからだ。

 これはかなり前途多難の道のりといえる。というのも、神戸はリーグ中断期間中に『非公開非公表』で大学やJクラブとの練習試合を、数試合実施。「臨時実行委員会では練習試合を行ったクラブや大学の消毒作業などをどうするか、そういう話も出てくるでしょう」(Jクラブ関係者)と頭を抱える。保健所による消毒も31日の段階ではまだ行われていない。

関連ニュース