記事詳細

J1・ベガルタ仙台“コロナショック”で危険水域 赤字は4億円超に (1/2ページ)

 再開が全く見えないJリーグで、今後の“コロナ不況”に戦々恐々としているクラブがある。J1ベガルタ仙台だ。

 1月に発表した2019年度の決算見通しでは2億7100万円の赤字としていたが、今月3日のクラブ取締役会では1億5600万円拡大して4億2700万円の赤字に。今後起こりえるコロナ不況に向け、固定資産の減益処理を前倒しにした結果だが、前期比よりなんと5倍も増えた。

 Jリーグでは3期連続赤字でライセンス剥奪。2期連続の最終赤字になった上、金額は過去最悪でまさに非常事態だ。菊池秀逸社長は「大幅な赤字。株主、スポンサー、県民、市民のみなさまにおわび申し上げたい」と陳謝した。

 Jクラブの社長が県民、市民に謝る。プロ野球ならばあり得ない光景だが、仙台は宮城県と仙台市の支援がなければとっくにつぶれていた。

 発足は1994年。折からのJリーグバブルに乗って『仙台にJクラブを』というムーブメントが起きた。集まった署名は33万人以上。当時の宮城県知事選で当選者が得票した29万票より多かった。運営会社の資本金3億円を宮城県、仙台市、地元企業がそれぞれ1億円を出資して、前身のブランメル仙台を設立。しかし、96年には9億4900万円の巨額赤字を計上してしまった。

 その赤字も宮城県と仙台市が株主になる形でなんとか存続。2009年からは仙台市所有のホームスタジアム「ユアテック仙台」の命名権料のうち2500万円を得るとともに、仙台市からスタジアム使用料2500万円が減免され、5000万円以上の実質支援を受け続けている。05年から同じ仙台市内に本拠球場を置くプロ野球・楽天が、自立した経営を行っているのとは対照的だ。

関連ニュース