記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】正しい「クローズ」の構え方 スタンスよりも上半身がカギ

 「球をつかまえたかったらクローズに構えろ」と、よく言われますが、正しくクローズに構えるにはどうすればいいか。

それは、スタンスをクローズにするのではなく、フェースをスクエアに向けたまま上半身(両肩を結んだ線)の向きをクローズにするというのが正しい方法です(写真)。

 一般ゴルファーはスタンスの向きばかり気にしているようですが、実は構えの向きとスタンスの向きは別物です。

 なぜなら、スタンスをスクエアに合わせたとしても、両足の長さが違っていたり、骨盤がゆがんでいたりすると、必ずしもスタンスの向きと上半身の向きは一致しません。全く癖のない身体だったとしても、ライや傾斜によって上半身の向きを合わすためにスタンスを別の向きに調整しなければならない状況もあるからです。

 このように、身体の特徴やプレーの状況変化を理解した上で、上半身が目標よりも少し右を向くようにクローズに構え、フェースはスクエアに向けたまま、いつも通りのスイングをするだけで、球は自然につかまるようになります。

 ですから、クローズに構える目的は、身体の動きをブロックして手を返しやすくするためではなく、スイング軌道に対して少しだけフェースの向きをクローズにするためなのです。

 大切なポイントは、上半身をクローズに構えながらフェースをスクエアにセットしたら、その位置に応じてグリップは必ず少しストロングに握り直さなければならないということです。

 構えとグリップが変わっても、いつもと同じスイングがやり遂げられれば、よりつかまりの良い球が打てるはずなので、ぜひ試してみてください。

関連ニュース