記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スピードアップトレーニング 個人個人の出力の場所や働いていない筋肉も見つけることができる (2/2ページ)

 〔4〕仰向けでのスロー(腹直筋、上腕三頭筋、大腿二頭筋、脊柱起立筋、前腕筋の強化)

 頭の上にボールを持ち、あおむけに寝転びます。その状態から腹筋するように上体を起こしながら一気にボールを前方へ投げます(写真(3))。

 いろいろ種類がありますし、使う筋肉の場所を変えることができます。個人個人の出力の場所や働いていない筋肉も見つけることができます。

 ゴルファーであれば、スイングを意識してボールをリリースするトレーニングも行います。もちろんリリース力が強く体がうまく使えるようになるとボールを投げる距離も伸びていきますし、ヘッドスピードや飛距離は伸びていきます。

 次は、アマチュアの多くの人が悩んでいるミート率を上げる部分のトレーニングです。(モデル・野田スミレプロ)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース