記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】葭葉ルミ スイング分析編 大きな重心移動がパワーの源 (2/2ページ)

 例えば、重たいメディシンボールを遠くまで投げようと思ったら、右に体重を移動して大きく身体を揺さぶってから切り返して投げますが、そのときには回転運動をするよりも、重心の平行移動をうまく利用した方が簡単に飛ばせます。彼女のスイングはまさにそういう動き。なので、自分の体の柔軟性の範囲内で彼女の動きをマネすれば、停滞気味だった飛距離をさらに伸ばせるかもしれません。

 さらに付け加えれば、葭葉選手のマネをするときは、自分が振れる範囲で、重めで長めのクラブを持つことをお勧めします。なぜなら、できるだけ重いものを揺さぶったほうが、それに引っ張られて自分の体も大きく動くようになるからです。「できればあと数ヤード飛距離を伸ばしたい」という人は、ぜひ試してみてください。(解説:金谷多一郎)

■葭葉ルミ(よしば・るみ) 1993年3月12日、東京都生まれ。2012年、2度目の挑戦でプロテストに合格。2013年ステップアップツアーで初優勝。16年にニッポンハムレディスでレギュラーツアー初優勝。17年は賞金ランキング38位ながらもドライビングディスタンスで1位になったほか、同年に出場した全米女子オープンでは4日間平均256.59ヤードを記録し1位に輝いた。19年シーズンは38試合に出場。賞金ランキング39位で、6年連続でシード権を獲得。