記事詳細

プロ野球、開幕メドも“超変則”日程! ポイントは「捕手」のワケ (2/2ページ)

 打者にしても、捕手との戦いに比重が増すことはしかり。「捕手のリードで抑えられた打者は、とことん弱点を攻め続けられることになる。いつもなら、相手の勢いにのまれても3連敗で済むところが、大連敗になる危険がある」と指摘する。

 特に須藤氏が注目するのが、強打を売りに巨人で主戦捕手候補に挙がる大城卓三(27)だ。セ・リーグ連覇を狙う原監督は「飛び抜けて成長できる可能性は、今年は大城が持っているのでは」と大きな期待を寄せるが、まだ3年目で守備面では経験値に不安がある。須藤氏は「6連戦でもつかな? 小林や炭谷との使い分けが重要になるだろう」とみている。(片岡将)

関連ニュース