記事詳細

【俺の人生第二幕 コロナ激闘編】ノムさん認めたウナギの味で逆転狙う! 野村ヤクルトで代打の切り札、大野雄次氏 (1/2ページ)

 大洋(現DeNA)、巨人でプレーし、野村ヤクルトでは代打の切り札として2度の日本一に貢献した大野雄次さん(59)は、東京・田町で鰻・牛舌料理店「大乃」を経営。オフィス街という土地柄、新型コロナウイルスの影響が直撃している。そんな大野さんを支えているのが、2月に急逝した野村克也さんの存在。恩師も認めた味で、苦境を乗り切る。 (取材構成・塚沢健太郎)

 東京も緊急事態宣言が25日に解除され、夜の営業時間を戻したけど、初日の客足は変わらなかった。うちは、この辺の大企業のお客さんや、接待で利用してくれる。テレワークが続いているので、サラリーマンの人が出勤してこないと、厳しいでしょうね。

 1998年限りで現役を引退。2年間修業し、2000年の3月に店を開き、今年で20年を迎えました。

 2月は何の影響もなかったけど、3月の終わりぐらいから、一気に客足が遠のき、予約の電話もかかってこない。リーマン・ショックなどで売り上げが下がったこともあったけど、ここまで長引くことはなかった。

 例年なら3、4月は歓送迎会もあり売り上げがアップするところ。3月は社会人野球時代のJFE東日本(当時川崎製鉄千葉)のメンバーが20周年のお祝いを開いてくれる予定でしたが、それもなくなり、DeNAの慰労会もキャンセル。4月は70%、今月は90%も売り上げが下がっています。

 土日祝日は横浜東リトルの総監督として、野球に携わっています。グラウンドは横浜の大黒埠頭で、ダイヤモンド・プリンセス号を横目に毎週練習をしていたのですが、それもアメリカのリトルリーグからの要請が出て、今月いっぱいは自粛。6月から2時間限定の練習で再開することになりました。

関連ニュース