記事詳細

【編集局から】オンライン会議に映りこんだニコニコ顔の娘さんにほっこり

 6月19日に無観客ながらプロ野球の開幕が決まるなど、徐々に“ウィズ・コロナ”の生活が始まりつつあります。

 今回のコロナ禍で一気に広がったのがオンラインによる会見や取材。野球界でも4月半ばから、日本野球機構(NPB)とJリーグによる新型コロナウイルス対策連絡会議は、オンライン会議システム「ZOOM」を使って行われています。

 参加者はNPBの斉藤コミッショナーやJリーグの村井チェアマン、両組織のチーム関係者、専門家チームにメディア、広告代理店など200人超。記者も自宅からの参加とはいえ、張り詰めたものがあります。

 4、5月は先行きが不透明だったこともあり、質問内容も深刻なものが多く、会見の空気は重苦しい印象でした。そんな中、5月のある会見中に一度だけ、思わず吹き出した場面がありました。

 ある記者が質問中に、3、4歳くらいの娘さんがニコニコ顔でカットイン。質問の真剣なトーンとほっこり感満載の画面とのギャップに、斉藤コミッショナーや村井チェアマンの表情も思わずほころび、真顔に戻るのに苦労していました。

 オンラインならではの珍場面。暗くなりがちだったタイミングで、癒やしをくれた女の子に感謝しています。 (運動部巨人担当・片岡将)