記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】自分のスイングに合ったドライバーの見つけ方・ヘッド編 まずはフェースのどこに当たりやすいか確認 (1/2ページ)

 今回はクラブ選びについてお話致します。皆さんの中にも、人気のドライバーを雑誌の上位ランキングやゴルフショップの売れ筋から選んでいる方がいるかもしれません。もしかすると道具なんて「何でも同じ。腕でしょう!」と考えるアスリートな方も多いかもしれません。

 しかし合わないドライバーは、切れない包丁で料理を作ったり、軽自動車でサーキットを運転するくらい違うものなのです。ただ高ければよいというものではなく、自分に合っているかどうかが大切なのです。

 まずは飛距離の前に、当たりやすいというのが一番です。技術も関係はありますが、自分のスイングでフェースのどこに当たりやすいかを確認しましょう。もしヒール側に当たることが多いならば、構えたときに小さく見えて重心距離の短く、フェースの長さが短いクラブを選びましょう。反対にトゥー側に当たることが多い場合は、重心距離が長く、フェースが長いクラブを選んでください。

 次にテンプラが多いならば、フェースが高く、重心が高いディープフェースの物を選び、逆にトップ気味が多ければフェースが低く、重心高が低いシャローフェースの物を選ぶようにしてください。

 球が上がりにくい、またはスッポ抜けてつかまりにくい場合は、ヘッド後方が大きな重心深度が深いヘッドを選ぶようにしましょう。逆にボールが上がりすぎる、またはフックに悩んでいるならば、フェースとヘッド後方が近い洋梨型で、重心深度が浅いヘッドを選択した方がよいでしょう。