記事詳細

Jリーグ、VAR“お蔵入り”で誤審ラッシュ再び!? (2/2ページ)

 そこでJリーグは、当初は21年から導入する予定だったVARを1年前倒し。ところが今季はシーズン開幕直後にコロナ禍で中断。わずか1節だけで今季のVARは“お蔵入り”となりそうだ。

 日本サッカー協会では今季も主審12人、副審4人とプロ契約しているが、このメンバーの試合勘のなさも再開にむけて危惧されている。

 決定機の判定のためにゴール横にカメラを置く方法もあるが「国際的なルールがあってJリーグだけでは決めらない点もある」(村井チェアマン)と頭を抱えていた。(編集委員・久保武司)

関連ニュース