記事詳細

冨安健洋、ロナウドに“完敗” スピードとテクニックに苦しむ場面目立ち

 再開したサッカーイタリア1部セリエAで22日、日本代表DF冨安健洋(21)の所属するボローニャはホームでユベントスと対戦し、0-2で敗れた。冨安はフル出場し、世界最高のストライカー、クリスティアーノ・ロナウド(35)と初めてマッチアップ。奮闘したが、その攻撃力を封じることはできなかった。

 新型コロナウイルスによる中断からの再開初戦。右SBで先発した冨安は、左FWロナウドと対峙した。ロナウドのスピードとテクニックに苦しむ場面が目立ち、前半7分に得点にはならなかったものの、カットインからのシュートを許した。それでも同8分には、ロナウドにくらいつき、1対1からボールを奪って意地をみせる場面もあった。

 しかし、試合はユベントスペース。前半23分にCKの競り合いで与えたPKをロナウドに決められて先制された。同36分にはFWディバラのシュートで追加点を許した。

 冨安は後半、ロナウドの動きに対応したが、ときすでに遅し。首位ユベントスが勝ち点を66に伸ばした。ボローニャは10位。

関連ニュース