記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ バックでは右足カカト、ダウンでは左足ツマ先に体重移動 (1/2ページ)

 今回は、飛距離アップには欠かせない体重移動についてお話ししましょう。

 体重移動というのは、改めて言うまでもなく、自分の体の重さが動いていることです。そしてゴルフスイングにおいては、体が回っている、もしくは手やクラブが動いていれば、特別なことをしなくても体重も動いていることになります。

 しかし、多くのアマチュアゴルファーはアドレスでは左右5対5だった体重を、バックスイングでは左から右へ、ダウンスイングでは右から左へ移動させなければいけないと考え、自ら体を揺さぶっています。そしてこの動きが、結果的にスエーの原因になるのです。つまり、ゴルフスイングにおいて、意識して体重を動かす必要はないということです。

 ただ、体重が足のどの場所に移動しているかは意識しておいたほうがいいでしょう。

 まずバックスイングでは、右足のカカト側(写真〔1〕)に体重が移るようにします。そうすると、右に体重がしっかり乗った状態を作ることができるからです。

 実際にやってみると分かりますが、このとき、右足のツマ先寄りに体重を乗せてしまうと体が前のめりになって十分に体が回せなくなります。

 次にトップからの切り返しから体重は左に移っていくわけですが、このときは左足のツマ先に乗っていくような感じにすると(〔2〕)、比較的フェース面が動かないダウンスイングになります。

関連ニュース