記事詳細

久保建英、レアル戦フル出場 華麗!3人抜きドリブル

 サッカーのラ・リーガ(スペイン1部)第31節が24日(日本時間25日)行われ、マジョルカにレンタル中の日本代表MF久保建英(19)が、アウェーで所属元の首位レアル・マドリード戦に初先発。0-2と完敗したが、フル出場し、3人抜きのドリブルシュートやFKで存在感をみせた。

 久保にとって今季2度目となる所属元との対戦は、来季去就を見極められる重要な試合でもあった。マジョルカは3-5-2システムを採用。再開後4試合連続先発となった久保に、右FWとトップ下という2つの役目を要求した。

 久保の動きはさえていた。前半3分、中盤中央で縦パスを受け、背後から寄せてきたスペイン代表のS・ラモスのファウルを誘発。同13分にはブロックされたが、右足でファーストシュートを放った。また、同22分には27メートルのFKでゴールを狙い、その後の右FKもすべて久保が蹴った。

 そして、後半17分には華麗なプレー。右サイドから自らドリブルで持ち込んで圧巻のターン。ペナルティーエリアに侵入すると、ドイツ代表MFクロースのマークをはがし、ダブルタッチでラモスら2人を一気にかわした。右足で狙ったシュートはわずかに右に外れてしまったが、成長をアピールするプレーだった。

 ただ、試合は序盤からR・マドリードに主導権を握られた。前半19分、久保と同じ19歳のMFヴィニシウスにループで流し込まれ、先制を許した。後半にも失点し、マジョルカは再開後1分3敗。18位で1部残留は厳しい状況が続いている。

 久保は来季の去就が注目されているが、今季R・マドリードはEU圏外の外国人枠(3人)をヴィニシウスらブラジル人トリオで埋めている。久保が所属元に復帰するには、空き枠が必要だが、ヴィニシウスも好調なだけに、久保にとっては先の見えない終盤戦となっている。