記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ ダウンでは左太モモをボールに近づけるイメージで (1/2ページ)

 今回もゴルフスイングにおいては重要なポイントになる体重移動のお話です。

 前回お話ししたように、軸を中心に体を回していれば自然と重心は移動するので、体重移動を強く意識する必要はありません。ただし、バックスイングでは右足のカカト側に、そして、切り返しからダウンスイングでは左足のツマ先に乗っていくように体重を移動させることが大切です。そうすれば、比較的フェース面が動かないダウンスイングになります。

 今回のテーマは、ダウンスイングでの左サイドの動きについてです。

 ダウンスイングで注意しなければいけないのは、左足のツマ先側に体重が掛かってくるので、体が左に流れてしまわないようにすること。そしてそのためには、左足太モモを使って、しっかり体重を受け止めることです。

 さて、そのときの左足の動きですが、左ヒザをボールに近づける感じ(写真〔1〕)で動かすことがポイントになってきます。

 一般的にボール方向に力を掛けようとすると、ヒザが割れたような形(同〔2〕)になってしまいがちですが、この形になってしまうとロフト角をキープすることができなくなります。

 バックスイングで生まれた力を受け止めるためにも、左ヒザをボールに近づけるように。そしてこの状態を作りながら、ゆっくりでいいのでボールを打つ練習をしてみましょう。

関連ニュース