記事詳細

4日再開J1を夕刊フジ解説陣が大予想! 清水秀彦氏「ネルシーニョ監督の柏は不気味」 (1/2ページ)

 明治安田生命サッカーJ1が4日、ついに再開する。横浜マリノス元監督の清水秀彦氏(65)と水沼貴史氏(60)の夕刊フジダブル解説陣は、川崎の日本人選手層がひと際厚く、優勝候補筆頭と予想。FC東京、神戸、柏、G大阪を対抗馬として挙げた。新型コロナウイルスによる中断の影響で週2試合の過密日程。強豪クラブが下位に転落したままという波乱も起こりえるシーズンとなりそうだ。

 ■清水氏展望

 川崎は確かに駒がそろっている。不気味っていったら怒られちゃうけど柏は上位にくるね。

 まずはネルシーニョ監督さ。監督時代に何度も戦ったけど一番やりにくかった。

 石橋を何度たたいても渡らない監督さんで、もうすぐ70歳なのに『ゲームを読む力』は全く衰えていない。サッカーはリードしたときには選手交代しないのがセオリーだけど、そんなことはお構いなし。選手交代に情が入ることは一切ない。

 1995年には日本代表監督になる可能性があった。日本協会がオファーしたのは当然だなと思ったね。勝てる監督さんさ。柏の井原(正巳)コーチはとてもいい勉強をしていると思うよ。彼にもまた監督をやってほしいから。柏は2011年にネルシーニョ監督でJ1昇格していきなり優勝したでしょ。再昇格の今季もその可能性はある。

 理由のひとつはケニア代表FWオルンガ。昨季J2最終節で京都から1試合8ゴールも奪ったんだけど、相手DFが何の対策もしなかったら、今季も止められないね。1997年にG大阪へカメルーン代表FWのエムボマがやってきたよね。オルンガはそれ以上になる可能性が十分ある。

関連ニュース