記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ 体重移動は「Z」の形を意識

 体重移動は、テークバックで右足のカカトに乗せ、ダウンスイング~インパクトで左足ツマ先に乗るようにするのが正解です。しかし、アマチュアゴルファーの中には、右足カカトからいったん右足ツマ先に移してから左足に移動させる人がいます。

 もちろんこれは無意識でやっているのでしょうが、ダウンスイングで体が早く開いていたり(写真〔1〕)、クラブが遠回りしているときは右足ツマ先に迂回(うかい)していると思って間違いありません。

 この右足ツマ先への迂回を避けるためには、ダウンスイングが進行して右足カカトの体重が限りなくゼロに近づいても、右足カカトに重心があるような感覚を持ち続けることが大切です。

 というのも、単純に「右足→左足」という意識で体重移動をすると、「右足カカト→右足ツマ先」という動きになりやすいからです。これを避けるためには右足カカトはできるだけ粘ったほうがいいということです。

 具体的には、右足カカトが地面から浮かないように意識して、右ヒザを伸ばしたままダウンスイングを進行します(同〔2〕)。そうすれば右足カカト→左足ツマ先が実現しやすくなります。そのイメージを持ちながら、右足カカト→左足ツマ先の体重移動でゆっくり体を動かしてみてください。

 次に、左足ツマ先への体重移動が完了したあとは左足を軸に体が回り始めるわけですが、フォロー~フィニッシュは左足ツマ先から左足カカトへと体重が移動します。つまり、全体的な体重移動は、両足ツマ先に体重が乗ったアドレスから右足カカト→左足ツマ先→左足カカトと、アルファベットの「Z」のような形になるというわけです。

 ほとんどのゴルファーは、体重移動は単純に「右から左」に移せばいいと考えていると思いますが、そうすると上半身がズレやすくなり、バランスも崩れやすくなります。また、ダウンスイング~インパクトで左サイドに流れやすくなります。

 そうならないためにも、Zの体重移動を意識して練習に取り組んでみてください。

 ■坂本龍楠(さかもと・りゅうなん) 1981年、神奈川県生まれ。2011年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロ資格を取得。豪州仕込みの理論でレッスンを展開し、「YouTube」のレッスン動画は登録者数9万人超。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。新宿御苑ゴルフスタジオ主宰。

関連ニュース