記事詳細

Jリーグ、無観客解除も…苦しいチケット事情 (1/2ページ)

 Jリーグが7日の実行委員会で、J2の岡山-北九州戦(10日・岡山)から予定通り観客を入れることを決めた。

 上限5000人、もしくはスタジアム収容人員の50%の少ない方となるが、一般販売で予定枚数が売れたのはJ1の川崎-柏(11日・等々力)のみ。「完売という報告を受けたのはこの試合だけ」(Jリーグ担当者)と大苦戦している。

 川崎は2017、18年のリーグ連覇をきっかけに人気が急上昇。ホーム等々力の収容人員が2万6827人にも関わらず、サポーター会員は4万3000人を超えており「J1で最もチケットが取りにくいクラブ」(Jリーグ関係者)になっている。

 地元に根差した人気はプロ野球広島に匹敵するもの。11日のチケットも「手に入れるのがほんとうに大変だった」(川崎ファン)とプラチナ化していた。

 年間平均観客動員が3万人を超える浦和は、ホームの埼玉スタジアムに鹿島(11日)を迎える。この試合は年間チケットを25年間購入しているファンクラブのダイヤモンド会員ら先着5000人に販売。こちらも完売は確実という。ところが横浜FM-FC東京(12日・日産)の好カードを含め、他の試合は売れ残っている。

 Jリーグでは観客動員にあたって「座席は1人座ったら2席以上間隔をあけること」を全クラブに指示。また浦和では「マスクの着用」「試合中の座席移動禁止」「大声の発声、歌唱での応援も禁止」など、とにかく規制が多い。

関連ニュース