記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】トルク、硬さ、キックポイントはドライバーに近いものを (2/2ページ)

 番手ずらしといって、7番アイアン用のシャフトを6番に入れたり、逆に8番に入れて組み上げることで、シャフトを柔らかくも硬くも調整できることになります。

 ただアイアンの本数が多いので、これをするとかなり高額になってしまいます。まずは、材質と重量とキックポイントを吟味しましょう。そして硬さはパワーがある人ならドライバーよりは硬め、球が上がらない人はドライバーと同じか柔らかめを選んでください。 (モデル・野田スミレプロ)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース