記事詳細

【神谷光男 スポーツ随想】六大学野球、執念の「夏の春季リーグ」 西では高校野球の交流試合…異例ずくめの8月に (1/2ページ)

 学生野球の華、早慶戦が始まったのは明治36年(1903年)だった。両校の応援の過熱で中断されたが、他の4大学が着々と力をつけ大正14年秋(1925年)には、初めて東京六大学リーグ戦が行われた。

 以来100年近く。リーグ戦が中止になったのは戦争中だけで、延々と歴史をつないできた。さすがに世界的に猛威を振るう新型コロナウイルスの前には、4月に開幕予定だった春季リーグ戦も延期に延期を重ねて、まさに“風前の灯”でもあった。

 しかし、そこは学生野球のルーツとしてのプライドと執念…。真夏の8月に4カ月遅れの春季リーグを開くことで、先週末に理事会決定し日程を発表した。

 8月10日の東大-慶大を皮切りに、1試合総当たりで17日までの8日間。通常のリーグ戦と同じく1日2試合(午前11時開始)だが、いつもは最後を飾る恒例の早慶戦が6日目に1試合(午後1時)だけで組まれた。真夏にデーゲームという負担を考慮し、3連戦を避けて公平性を保ったための措置という。

 特別ルールとして史上初のタイブレーク制を採用し、延長10回無死一、二塁から実施するという。先に2勝すれば勝ち点の3回戦制が従来の鉄則で、1試合制は戦後復活した昭和21年春(1946年)以来、実に74年ぶりになる。

関連ニュース