記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】ストライカー不在… 鹿島「2年計画」チーム作りにオーナー・メルカリ会長は我慢できるか?

 --再開したJ1で最大の想定外は、これまで計20冠を誇る鹿島の弱さ。清水さんはバッチリ予想をしていましたが

 清水「だろう~!!(苦笑)かなりヤバいね。今の鹿島には勝てる要素がまるでない」

 --戦力はいますが

 「すべてがいきあたりばったり。はっきり言って、2年以上かけるチーム作りを今リーグ戦でやっている段階だね」

 --具体的にいうと

 「これまでの鹿島はチーム全体で攻守に奮闘する、そして最後に決めきる人が必ずいて、1点差でも泥臭く勝つスタイルだった。今季はボールを回して崩すやり方に変えたが、回すことはできても最後に決めるストライカーがいない。これじゃ勝てないのは誰でもわかる。あとはオーナーさんがどれだけ、今の状態を我慢できるかだね」

 --現オーナーは39歳の小泉文明社長。昨年7月に16億円で鹿島を買収したメルカリの会長です

 「これまでは(鹿島の前身)住友金属サッカー部の面々が、補強やチーム作りの対策をやってきた。でも、このオーナーさんが『そんな対策ではダメだ』ということなれば、ますます泥沼さ。Jリーグでオーナーやクラブの社長が、現場に介入して崩れていくのを何度も見てきたし、オレ自身も監督時代に嫌というほど経験してきたからね」

 --勝つためには

 「鹿島のドン、ジーコさんも新型コロナウイルスの問題で日本に戻ってこられない。これが痛いよね。若いセンターバックを我慢して使っているけど、フォワード陣こそコロコロ替えてはダメ。今年は降格がないんだから、もう覚悟しないと。鹿島が強くないとJリーグはつまらないし、盛り上がらないから踏ん張ってほしいよ」 (元J1仙台監督=聞き手・久保武司)

関連ニュース