記事詳細

大谷二刀流「来季復活」をマドン監督が明言! 投手は今季絶望も「彼は依然として二刀流選手だ」 (1/3ページ)

 2日(日本時間3日)のアストロズ戦で右腕に違和感を訴え、肘付近の屈筋回内筋痛と診断されたエンゼルスの大谷翔平(26)。4日(同5日)、遠征先のシアトルでマドン監督は「今季は大谷はもう投げることはない。しかし、彼は依然として二刀流選手だ」と語り、来季再び二刀流に挑戦させることを明言した。二刀流の限界を論じ、打者専念を勧める米メディアも多いが、大谷の夢はまだ終わらない。

 この日のマリナーズ戦の先発オーダーに「DH・大谷」の名前はなかった。マドン監督は試合前、大谷について「投手としては今年は出場することはない。しかし、来年の春のキャンプをフルにこなすことができれば、大谷はうまくやれるのではないか」と話し、来季の二刀流復活に期待した。

 3日(同4日)米スポーツ専門局「ESPN」も「エンゼルスの首脳陣は依然、大谷を二刀流で起用する方針を変えていない」と報じていた。

 エンゼルスは3日、磁気共鳴画像装置(MRI)の検査を受けた大谷について、「グレード1~2の右前腕屈筋回内筋痛」と発表し、投球再開まで4週間から6週間とした。打者としての出場は経過をみて可能とされているものの、グレード1であれば微かな断裂だが、グレード2ならダメージは小さくない。

 マドン監督の言葉とは裏腹に、「大谷の二刀流はもう無理ではないか」との声は増している。

関連ニュース