記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】BetweenRangeの打ち方、作り方 クラブを短く持ち、芯にボールを当てる練習を (1/2ページ)

 プロでも意外に番手間の距離の練習は行わないために、ピッタリとフルショットの距離しか打てない人もいます。しかし、この番手間の中途半端な距離を打つ技術こそが、バーディーへとつながっていくのです。

 これまでパンチショットやライン出し、インテンショナルフック、スライスを打つためのスイングを紹介してきました。それらの中に、Between Range(番手間の距離)の要素も含まれています。

 この練習の肝は、「これは本当に必要とされる技術なのか?」と考えないことです。傾斜地のようにスタンスがうまく取れない場所で打つトリッキーなショットへの対応にも関わってくるので、必ず覚えていきましょう。

 アベレージゴルファーの多くは、トラブルの対応ができていません。それが原因で素晴らしい流れでラウンドしていたのに、最後につまずくなんてこともよくあるでしょう。だからこそ、Between Rangeの練習は、スイングの基礎作りにもトラブルシューティングにも役に立つのです。

 まずはクラブを短く持ち、芯にボールを当て、真っすぐ打てるように練習することから始めます。これを簡単だと思っているあなたはゴルフを理解してません。いつも慣れている長さから短く持ち変えるだけでヘッドが軽く感じたり、自分のタイミングよりも速くヘッドがターンしたり…と、予想以上に難しいものです。

 短く握ったときのタイミングの合わせ方や、ミスの出る癖を覚えたりすると、それを逆手にとってスイングを矯正せずともミスを利用して狙った場所へとしっかりボールが運べるようになります。

関連ニュース