記事詳細

感染の鳥栖・金監督、試合前から違和感 

 サッカーJ1鳥栖は11日、金明輝監督(39)の新型コロナウイルス感染を発表した。9日に発熱し、10日にPCR検査で陽性判定された。

 佐賀県によると発症日は8日。金監督は同日夜に鹿島戦を指揮したが、試合前から違和感があったという。一連の対応に問題がなかったか、検証が必要となりそうだ。

 選手に感染者は出ておらず、スタッフ3人以外の濃厚接触者はいないが、クラブは選手ら89人のPCR検査を実施した。竹原稔社長はオンライン会見で、12日のYBCルヴァン・カップの広島戦について「濃厚接触者は確認されているので、開催はできると思っている」と見解を示した。選手は自宅待機しており、検査結果の判明後に広島へ移動する予定。