記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】出水田大二郎 打つ直前にスイングのチェックはしない (1/2ページ)

 アマチュアゴルファーのプレーを見ていていつも思うのは、ショットの前、スイングのことを気にしている人が多いことです。

 確かに、いいショットをするためには、いいスイングをしなければいけないわけですから、スイングのことが気になるのは分かります。特に、それほど頻繁に練習をしていない人にとっては、「前傾姿勢を崩さない」とか、「ヘッドアップをしない」というようないくつかのポイントを確認しないと、落ち着いてスイングできないというケースもあるでしょう。

 しかし、皆さんのこれまでの経験からいって、「チェックをしたけどミスが出た」ということも多かったのではないでしょうか。チェックがまったく意味のないことだというつもりはありませんが、打つ直前のチェックはそれほど有効なことではないような気がします。

 その理由は、意識を変えただけでは体が反応してくれない場合が多いから。また、ひとつのポイントを気にしすぎると、ほかの動きに支障が出てしまい、全体的なバランスが悪くなる場合もあります。

 それよりもボールを打つ際は、「どういう球を打つか」というショットのイメージを大事にした方がいいと思うし、実際、僕もそのことだけを考えてボールに向かっています(写真〔1〕~〔3〕)。

関連ニュース