記事詳細

【最先端アマチュアスイング】スローなスイングで飛距離アップ ダウンスイングでは左ヒジを逃がす! (1/2ページ)

 右ヒジを曲げることで、クラブが垂直に立ったトップの形を作ったら、ダウンスイングでは、曲げた右ヒジを伸ばしながらボール方向に向けて力を入れます。そして、この動きが、「フェースを返さないスイング」の重要なポイントになります。

 ここで手首を使ったり、体を回したり、また、タテにヘッドを動かしてしまうと、フェースの向きは一瞬のうちに変わってしまうからです。

 そうならないためにも、余計な動きはせず、右ヒジの曲げ、伸ばしだけでダウンスイングを行うようにしましょう。

 それともうひとつ、この動作のときに注意してほしいのは、左腕を伸ばしっぱなしにしないことです。

 右ヒジを伸ばして押す動きをすると、その圧力がかかる左腕は、写真〔1〕のように突っ張ったままの状態になりやすいのですが、そうならないようにすることが大事です。なぜなら、左ヒジが伸びると力の逃げ場がなくなってしまうので、肩が逃げるからです。

 肩が逃げるというのは、肩が上がる、または後方に下がるということで、こうなると頭が上がったり、体が開いてしまい、ボールにクラブが届かなくてトップになったり、ヘッドが落ちてダフってしまうこともあります。

 これを防ぐためにも、ダウンでは左ヒジを少し外に曲げ、力を逃すことが大事です=同〔2〕。そうすれば、肩が上がることもなくなるので、ヘッドの軌道は狂わず、またその後の回転運動もスムーズに行えるようになります。

関連ニュース