記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】「アーリーコック」初級者やアベレージゴルファーは試してみると良いかも

 「テークバックの際、どのタイミングでコックをすればいいのか?」という質問を受けることがよくあります。

 正解は、コックは体の動きとともに自然に行われてしまうものということなのですが…。

 どうしてもうまくいかなくて悩んでいるのであれば、ひとつの方法としてテークバックを始動すると同時にコックを完了する“アーリーコック”を試してみたらいいかも。なぜなら、どのような順序でコックをしながら振り上げていけばよいのかを考えなくてすむからです。

 アーリーコックはその他にもいろいろなメリットがあります。

 たとえば、最初からコックを作ってしまうので、トップでコックの角度が変わらないためにフェースコントロールがしやすくなります。

 また、振り上げた勢いによって、力んだ余分なコックをトップでしなくなるので、手首が折れてシャフトが下がるオーバースイングやトップでグリップが緩んでしまうなどの症状も改善されるでしょう。

 もちろん、逆にデメリットもあります。“アーリーコック”でヘッドから始動するのは、正しい力の伝達の動きの順序とは逆になるのでスイングリズムが取りにくくなる可能性があります。また、クラブの重さやバランス、シャフトの特徴を感じにくくなる場合もあるので、フルショットからコントロールショット、アプローチまでテンポを一定に保つということが感覚的に難しくなるかもしれません。

 今回の方法は応急処置的な提案になりますが、テークバックが安定しない初級者や100切りが達成できないアベレージゴルファーは試してみると良いと思います。

関連ニュース