記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】再現性を高めるための練習前編 打つ前のルーティンをそろえる (1/2ページ)

 ゴルフにとって、最も重要であり、求められることといえば、「再現性」かもしれません。

 スコアをまとめるために再現性はとても大切で、繰り返し同じことができることは自信にもつながり、プレッシャーにも強くなります。再現性とはナイスショットを繰り返すことだけを意味するのではなく、予測できたミスショットも繰り返し行えるのであれば、スコアメークにつながるのです。

 では、どのような練習を行うことが再現性につながるのか。多くの人は練習場で同じ番手を同じようにスイングしようとします。例えばボールをよく見て頭を動かさないようにとか、クラブヘッドをマットを擦るようにとか…。スイングのことを考えながらボールを打ち、芯に当たるかどうかを一喜一憂しているように思います。

 しかし再現性を高めるために必要なのは、打つ前のルーティンをそろえることです。ゴルフを始めたばかりで14本を使い分けることは不必要なので、同じ番手を繰り返し練習すればいいのですが、ボールに適度に当てられるという程度になったら、打つ前のルーティンからそろえていきましょう。

 素振りは1回、力まずしっかり軸と体幹の上下動と左右への余分な動きが起きないようにして、傾斜などに合わせた構えをして、地面を確実に叩けるかを確認します。後方からライに合わせたボールの行方予測に合わせて仮想ターゲットを決め、アライメントを決めます。