記事詳細

鹿島、アウェーでFC東京撃破 “内田ロス”勝って克服だ!

 明治安田生命サッカーJ1で26日、鹿島は元日本代表DF内田篤人(32)の電撃引退後初となる試合に臨み、4戦ぶりの勝利を挙げた。

 アウェーでFC東京に2-1で逆転勝ち。ザーゴ監督は“内田ロス”に言及し、「まだ彼が引退したことは心が痛い。だから彼を裏切るわけにはいかない。それには勝ち続けることしかない」と力強く語った。

 指揮官が「右サイドバックの本職の選手が1人もいない」と嘆くように、シーズン中に内田の穴を埋めるのは容易ではない。それでもこの日は、内容と結果が伴った勝ち点3だった。

 前半終了間際にDF関川のオウンゴールで失点。だが、後半3分にFWエベラウドがこぼれ球を押し込み、同12分にはMFファンアラーノが来日初得点となる左足シュートで勝ち越した。

 やられたら、きちんとやり返すのが鹿島伝統の勝ちパターン。FC東京・長谷川健太監督は「試合前に注意しろといった通りに鹿島にやられました。結果が出なかったのだから監督の責任です」と脱帽だった。

関連ニュース