記事詳細

大坂なおみ、4強入りも準決勝棄権 黒人男性銃撃事件に抗議 テニスW&Sオープン

 テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンは26日、米ニューヨークで行われ、女子シングルス準々決勝で世界ランキング10位の第4シード、大坂なおみ(日清食品)は4-6、6-2、7-5で同20位のアネット・コンタベイト(エストニア)に逆転勝ちし4強入りを果たした。

 大坂のマネジメント事務所は同22位のエリーズ・メルテンス(ベルギー)と対戦する予定だった27日の準決勝を棄権することを明らかにした。黒人男性銃撃事件への抗議のために棄権を決断したと見られる。

 男子シングルスでは世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)らが準決勝に進んだ。(産経新聞)