記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】再現性を高める為の練習・後編 本番をイメージした練習を繰り返してコースの妥協点探る (1/2ページ)

 前編ではルーティーンと力感が大切だという話をしましたが、後編では具体的にどの様な練習を行えばよいのかを説明します。

 最も良い練習とは何か。それは本番をイメージしながら練習を繰り返すことです。実際にコースに行っていなくても、時間がなくてボールを打つことができなくても、ナイスショットしたときの感覚や意識を思い出しながら日頃から素振りなどを行うことです。

 練習場では、コースでラウンドするように番手を変更し、頭の中で前後左右にペナルティーゾーンを設定したり、景色なども思い浮かべながら、ナイスショットを打つイメージでボールを打ちましょう。

 当然、コースではいつもナイスショットばかりができるわけではありません。大きなミスにつながりそうだと感じたときは、そのミスを避けて“結果オーライショット”も必要になってきます。このショットも練習が必要です。

 苦手ホールほど、イメージすることを怠って、毎回、同じ考え方と同じ行動をしてしまい、同じミスを繰り返してしまうものです。“結果オーライショット”だけでなく、「このミスだったら問題ない」というインテンショナルなミスも考えながら、あの手この手でコースを攻めるイメージをふくらませてください。仮想のラウンドでは、自分が最も効率的にラウンドできる方法をシミュレートするのです。

関連ニュース